なぜ不眠になってしまうのか?

現代のストレス社会では、5人に1人が不眠に悩んでいるといわれています。

一般的に不眠の原因は、環境変化や精神的ストレスなどの「悩み」だとされていますが、それだけではなく、体内のアミノ酸が不足しているということも原因のひとつであると、近年注目されてきています。

20種類のアミノ酸には、人体を作るための生理機能があり、脳をつくるもの、内臓をつくるものなどがあります。その中でも、食物からしか摂取できないアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ重視されています。

特にこの中でも、脳に関係するアミノ酸である、ギャバやトリプトファンの不足は、不眠にも大きな影響を与えています。


ギャバ(GABA)の効能とは?

ギャバは人や動植物の体内に幅広く存在する天然アミノ酸の一つです。

ギャバは他のアミノ酸のように一般的なたんぱく質を構成するものとは異なり、脳や脊髄に存在する抑制性の神経伝達物質としての働きをしています。主に、脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めてくれるため、ギャバが不足してしまうとイライラといった精神的な面から体調不良を引き起こしてしまいます。

ギャバをとることで期待できる効能には次のようなことがあります。

■ 血圧を下げる
■ 中性脂肪を抑える
■ 肝臓、腎臓の機能を高める
■ 神経を鎮める

特に、現代のストレス社会からくる不眠や自律神経失調などの症状にも効能があるといわれています。


ちなみに、ギャバは動植物にある天然アミノ酸なので、普段の食べ物の中にも含まれていますが、よく知られているのが発芽玄米で、白米の10倍の量のギャバが含まれています。また、それ以外でも、なす、アスパラ、キュウリなどの野菜や果物にも含まれています。

トリプトファンの効能とは?

トリプトファンとは、たんぱく質を構成する必須アミノ酸の一つで、脳に運ばれることでセロトニンというホルモンの原料になります。このセロトニンは催眠鎮痛、精神安定作用があり、不眠やうつにも効果があるといわれています。

しかし、トリプトファンは、体内では生成できない物質のため、食事で体内に取り込む必要があり、以下のような食品から体内に取り込むことが必要になってきます。

トリプトファンが含まれる食品には、バナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、肉類、赤身魚、糸引納豆、すじこ、たらこ、そばなどがあります。

ギャバとトリプトファンを補うことで

脳に働くアミノ酸であるギャバとトリプトファンには、神経を鎮めてくれる作用あるので、これらの成分をしっかりと摂取することは、不眠やイライラの解消にも効果があるといわれています。

十分な摂取をすることで、

・夜ゆっくり安らげる
・朝がすっきり起きられる
・睡眠の質向上で仕事がはかどる
・朝の食事がおいしく食べられる

こんな、生活面での変化があらわれてきます。

そのためにも、ギャバとトリプトファンが含まれている食事を毎日しっかりとすることが大切になってきます。


 ギャバとトリプトファンが食事で補えないときのサプリは? 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓     







 治験アルバイト募集比較  セロトニンサプリ比較  睡眠サプリを比較  うつ病対策サプリメント  セロトアルファー  ネムリス  スヤナイトα  月の休息  リラクミン  ツーブリーズ  爽眠α  生姜サプリランキング  睡眠薬の代わりになるもの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。